news フィード

【訃報】林隆三さん 70歳 腎不全 2014/06/04

スポンサーリンク

【訃報】林隆三さん 70歳 腎不全 2014/06/04

<訃報>林隆三さん70歳=俳優

東京都新宿区生まれ。1966年に俳優座養成所を卒業後、NHKミュージカル「ある愛の奇跡の物語」でデビューし、舞台に多く出演。74年には「妹」で映画デビューし、77年には津軽三味線奏者の高橋竹山をモデルにした「竹山ひとり旅」で第1回日本アカデミー賞主演男優賞を受賞した。テレビドラマ「天下御免」や「たけしくん、ハイ!」、宮沢賢治童話の朗読公演でも活躍した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140609-00000020-mai-soci

2014年レクイエム〜さよならあの人http://mainichi.jp/graph/select/2014Requiem/001.html

 

退職していく部長役 いいCMでした。
「時計はうごく。人生はつづく。」 

シャンソンも独特の空気感がありました。

 

独特の存在感による世にも奇妙な物語「視線の町」林隆三

 

「妹」より

藤田敏八監督の「妹」いい映画でした…。この頃の邦画パワーあります。レコードヒットがそのまま映画になるシリーズ。新人監督の登竜門でもありました。「赤ちょうちん」や「バージンブルース」も。そういえば、ジュリーの「炎の肖像」も。この頃の日活と秋吉久美子さんも。

映画「妹」

主人公ねり(秋吉久美子)が唐突に帰ってくる実家は早稲田の廃業した食堂。 そこで細々と学生相手の引越し屋をしている兄に林 隆三。この人もいい俳優だ。

妹がぶらっと帰ってくると兄は風呂から半裸で出てくる。引き締まった上半身である。 互いに近親相姦的な情を通わせる兄と妹の話なのだが、兄が林 隆三というキャスティングで本当に良かった。飄々としていてユーモアがあり、妹想いの兄。兄妹の両親は早稲田で学生相手の食堂を営んでいたが、もう二人ともこの世にない。食堂が苦手な兄は軽トラで気ままな引越し屋家業の日々なのだ。妹ねりは鎌倉で男と住んでいたのだが、仲違いをしたと唐突に早稲田の実家に舞い戻ってくる。

「おにいちゃんに逢いたくて戻って来ちゃった」という妹は「もう寝ろ」という兄を見て、頬に涙を伝わらせる。ねりは人に言えない秘密を抱えて兄のもとへ戻ってきたのだ。

早稲田界隈の下町っぽい雰囲気や(都電もふんだんに登場する)、鎌倉でねりがボーイフレンド耕三と営んでいたサイケ調の雑貨屋(かなり鎌倉チック)、また70年代の原宿・表参道の光景、新宿副都心の三井ビルの足元の赤レンガなど、漠然と覚えているその時代の空気が画面から感じられる。三井ビルの姿は今も全く変わらない。

http://wave.ap.teacup.com/ksrandomthoughts/426.html

スポンサーリンク


海外の最新映画を見ながら無料で英語が学べるfleex.tv と驚愕のPopcorn time

スポンサーリンク

海外の最新映画を見ながら無料で英語が学べるfleex.tv

http://fleex.tv/

自分で勉強時間を設定していくと、英語学習の進捗状況がわかるのだ。



TEDやYouTubeの教材が、最初は日本語字幕、途中で英語字幕、最後は字幕なしとコントロールしてくれる。これはなかなか楽しい!


しかし!!驚愕なのは、Popcorn Timeのコンテンツだ。

fleex.tv/のサービスを利用するために、Popcorn time をダウンロードして、映画を立ち上げてびっくり!

ついこの間までの、最新映画がズラリとラインナップされ、しかも英語教材として利用できるのだ!


まさか…!と思い、FROZENを選んで見ると、まさに、「アナと雪の女王」が2時間も英語字幕で楽しめてしまった…。

 

さらに、「GRAVITY」も!

 

うん?、このPopcorn Timeは一体どういう仕組でこんなことができるんだ? かつてのjoost.comのようなP2P技術を使っているのだろうか?

国ごとのドメイン規制もないようで、普通に英語で「学習」できてしまう!

Popcorn Time
映画視聴サービス「Popcorn Time」、数日で終了
BitTorrentで配布されている映画を簡単に視聴できるサービスとして始まった「Popcorn Time」が、わずか数日後の2014年3月14日に早くもサービスを終了した。理由は、完全には明らかにされていない。

とあるが、現在は普通に使えてしまっている…。
…ということは、Open SorceであるPopcorn Timeをダウンロードして立ち上げると、著作権侵害に、自分のパソコンを共有させることになっているんだろうか?


Popcorn Timeのコンテンツをストリーミングしながら英語を学ぶFleex

Fleexは月額4.90ユーロの有料サービスだが、29の言語で利用できる。

これまではYouTubeのビデオ(TEDの講演など)をFleexのプレイヤーやデスクトップアプリケーションから利用でき、デスクトップアプリケーションではムービーのファイルから自動的に字幕トラックを見つけることもできた。

しかしPopcorn Timeをフォークしたこれからは、Popcorn Timeのアプリケーションとして映画やTV番組を検索し、即座にストリーミングできる。そのときFleexは字幕トラックを見つけ、ユーザの今のレベルに合わせた学習展開をする。Popcorn Timeは完全に合法的とは言えないけど、NetflixやHuluなどは、Fleexで利用したくても利用できない国がほとんどなのだ。

 Popcorn Timeをフォークしたこれからは?は何を意味しているんだろうか?

まるで、米国でNetFlixを見ているような環境が、あっという間に構築できてしまって驚いている次第だ。

あくまでも、自己責任で。特におすすめしている訳でもない。キリッ!

【追記】popcorn time オープンソースによる BitTorrent サービスだ。

 



 

 

スポンサーリンク