Apple フィード

【アプリ】Cocoapotrace ラスター画像をベクター画像へ変換無料ツール

スポンサーリンク

http://www.geocities.jp/applescriptdepot/iWeb/AppleScriptDepot/Cocoapotrace.html

画像をドラッグ・アンド・ドロップ するだけで、モノクロのベクター画像へ変換してくれる。Cocoapotraceをトライ中! ココアポットレース

 iOSアプリではなく、Macアプリケーションだ。

GACKTさんで試してみた!

おお! なかなかいい感じでトレースしてくれている。
これをAfterEffectsとか、Motionで取り込んで、動かせば、ちょっとおもしろい二次創作とかできそうだわ(笑)…と思ったら、Motionでは、epsファイルが読み込めなかった…。

 ドラッグ・アンド・ドロップ一発で、ここまでやってくれて無料のアプリってすごいね。

【参考】
Cocoapotrace|ラスタ画像からベクタ画像を生成
http://blog.heartfield-web.com/mac/cocoapotrace.html

トレースソフトCocoapotrace
http://www.sumiyoshikougeisha.com/blog/2007/07/cocoapotrace.html

Mac OSXでトレースならこれ!「Cocoapotrace」
http://www.moongift.jp/2007/07/cocoapotrace/

 

ちなみに、このアプリを知ったのは、2,000円のアプリを100円セールで、ランクアップしている、「SuperVectrizer」のレビューからだ。


普通、値段が高くても、ランキングが高いといいソフトと勘違いしてしまう。しかし、時折、2000円のものが100円でランクアップしているとしたら、かなりそれは問題だろう。レビューを読んでから、このCocoapotraceを知ることができて、良かった!


だまされてはいけない      
レビュー : スケブク

このアプリがベストセラーの上位に出てくるのは、価格操作で一時的に販売数量を増やす細工をしているからでしょう。
通常は2,000円ですが、ときどき100円で売り出します(1,000円のこともありました)。そんな時に釣られて買う人が多いのかもしれません。普段は10位以内にも入っていないのに、この低価格時期に限って順位が大幅にアップします。通常価格に戻るとジリジリと順位後退(笑) 勘違いする人がいるのかもしれませんが、これってラスター画像をベクター化するだけのものですよ。お絵描きなどの描画機能はありません。ラスターはフォトショップなどのようにピクセル単位の画像、ベクターはイラストレーターなどで扱う数値の集まりの画像。ラスターからベクターへ変換するだけなのに通常価格の2,000円は高すぎる。さらにベクター化アプリは、どれだけ正確に変換してくれるかがキモなのですが、このアプリは通常価格2,000円もするほどの性能ではありません。100円が相応、というよりアプリの仕事が雑。それに、Apple IDが違うのに同じようなレビューを書いている人がいる(★5)。不思議でしょ? レビューや順位操作でヤラセか何かの細工がされていると思われても仕方ありません。


なお、参考までにCocoapotraceという有名なベクター化アプリがあります(App Storeにはありません)。使い勝手はこのSuper Vectorizerよりも上。しかも無料。こんなものを買う必要はありません。ましてや2,000円も出したらお人好しすぎます。有料アプリのほうが信頼できるというのでしたらApp Storeのイメージベクトライザーは500円ですよ。

 

 

スポンサーリンク


アップル、1株を1/7に株式分割 2014年6月9日 もっと簡単に外国株が買えたら…

スポンサーリンク

アップル、1株を1/7に株式分割 2014年6月9日(月)

発行済総株式数 60億2,900万株 時価総額5,653億ドル(56兆5,300億円)

つまり、アップル株が1/7の価格で買えるということ。
14.28%の価格だ。現在(2014/06/12)は1株あたり、93ドル(9,300円)。
http://www.bloomberg.co.jp/apps/quote?T=jp09/quote.wm&ticker=AAPL:US

この価格ならば、パチンコ感覚で外国株が買えるのではないだろうか?
問題はそこから、為替や手数料がかかるので、どうしても外国株は買いにくくなる。入金や出金もそこから2〜3営業日かかる。それは、物理的な貨幣にエクスチェンジするからだ。

しかし、外国株は、日本のように1,000株とか100株ではなく、1株単位で買えたり、前場や後場といって昼休みを取らないから、デイトレーディングとしても、おおまかな流れがつかみやすい。何よりも、日本の仕事をしていない時間にマーケットが動くので、夜更かしするか、早起きするかで対応できる。

どうしても仕事中に、株価を気にするのは本来の仕事に集中できない。

しかし、ドルはドル建でPayPal決済で買える外国株とかあればどうだろうか?もしくは、年金代わりに利回りのいい外国債権をドル建てで、毎月積み立てていくとか…。最終的にはドル建てで年金代わりにもらえる国への移住とかもありだろう。あと、年金は、10年、20年で法律も調子よく変えられてしまうんだから。

年金財政検証で、50%を割りそうな日本の年金を当てにしているほうがリスクが多すぎると思う…。「100年安心」なんて言えば言うほど詐欺に近い。そろそろ拒否する権利も認めてもいいのではないだろうか?法律で定められているのならば、その法律を民意で変えればいい。そんな政党がでてくればいいだけだ。

スマホゲームの感覚で、外国株を買えるようにしたほうがよほど、経済にも為替にも興味を抱くことができるだろう。
子供枠限定で、外国投資に税金がかからないというようにしてもいいはずだ。

また、儲かると所得税を源泉されるけれども、損をした時には何も補填されないのも変な話だ。損金も経費扱いしなければ、利益もでない。

むしろ、パチンコパーラーを、証券会社のディーリングルームのようなマルチモニタをパチンコ台として、ギャンブラーたちに、夜中からデイトレーディングに勤しんでもらうのはどうだろうか?

 アップルの株が1万円前後、今度の9月までにどこまで駆け上るのか?
いよいよ、この2014年の年末商戦くらいまでが勝負ではないだろうか?

 

【参考記事】

アップルの株主たちが過去6週間で大きく稼いだことは事実だ。 先週金曜の終値は645.54ドル、週明け月曜に7分割された後は92.22ドルから取引が始まった。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/06/post-3291_1.php

 

アップル株 分割の狙い
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/nms/market/post_68366

 

アップルが株式分割を発表、1株を7株に 自社株買いや増配も

2012年から始めた15年末までの株主への利益配分を従来の1000億ドルから1300億ドルに増やす。

 自社株買いの規模を600億ドルから900億ドルに増額。四半期配当は5月12日時点の株主に対し従来より約8%高い3.29ドルを支払うとしている。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL240B2_U4A420C1000000/

現在のアップルの時価総額5,653億ドル(56兆5,300億円)、 一方、ソニーの時価総額は、1兆7,081億円 なので…。

この本のタイトルは…今日では、

「なぜアップルの時価総額はソニーの33倍になったのか?」にしなければならない。

スポンサーリンク