consulting フィード

「これさえあれば、何もいらない?」Microsoft Surface Pro3 2014年07月14日(木)発売

スポンサーリンク

「これさえあれば、何もいらない?」

Microsoft Surface Pro3

2014年07月14日(木)発売

2014/07/12、新宿のビックロで見かけたのが、この看板。あと5日後の発売なのに、盛り上がりの気配を全く感じられない(泣)

しかし、このMicrosoft Surface Pro3 の「これさえあれば、何もいらない。」というひとりよがりのコピーに、ウンウンと賛同できる人は非常に少ないだろう。

これは、Microsoft側のメッセージのクリエイティブに問題があるからだ。まずは、この看板を見て感じ取れることが多々あると思う。

 

【誰をターゲットにしているのかが、まったくわからない】

「いますぐご予約を。」とあるが、予約してまで欲しがるユーザーはどんな人だろうか?ビジネスユーザー? 先進的ガジェットユーザー? 買い替えタブレットユーザー?

 

【今までのSurfaceとの違いがわかりにくい】

 Microsoftのビジネス戦略のいつもの大問題だが、ラインナップが直感的にまったく理解できない。さらに「Pro」やら「RT(※リツイートではなくランタイムバージョンだそうだ)」のラインナップがあり、さらに、2と3が登場しているし、併売されるそうだ。

 

【何に使えるのかがわかりにくい】

広告ヴィジュアルにはExcellのデータに赤入れをしているヴィジュアルだから、ビジネスユーザーをターゲットとしていそうなことは理解できる。

しかし、キーボードに10キーがないと、実際には、Excellの入力なんてできたものではない。マウスがない部分をタッチペンで補いましょうという事なのか?

 

【現在のビジネスユーザーがタブレットを持たない理由】

Microsoftは、タブレット市場で盛り返したいと考えているから、タブレットを販売し、タブレットを買わないユーザーの、PCとして使えない部分をタブレットで補完させようとしている。

しかし、本当にユーザーは、タブレットにそれを望んでいるのだろうか?
今や、Wi-Fi環境で、電池が長持ちして、軽量であり、無料アプリが豊富という環境が一番タブレットに求められているのではないだろうか?

むしろ、ノートPCでの、重さや、立ち上がりの遅さを一気に解消できる側面をアプローチすべきではないんだろうか?

一番、重要なのは、企業側にノートPCを持たせるよりも、生産性があがるというメッセージを発信することではないだろうか?

ボクの場合でも、ノートPCをスリープから、再起動している間に一駅分は何もしないまま過ぎ去ってしまう。しかし、タブレットであればそれがなく、ほぼ一瞬にスリープモードからなら、リブートできてしまう。

これを年収600万円のサラリーマンに置き換えると、年間250日働いているとすると、1日あたり、2.4万円だ。時給にして、3,000円だ。

企業側はこれの約3倍は売り上げているわけだから、1日あたり、7.2万円。それを8時間で割ると、時間売上は、9,000円ということになる。

時間売上9,000円は、一分にすると分単価が150円ということになる。

立ち上げる回数や、デスクの上に戻る時間を考慮して、一日5回ノートパソコンを立ち上げると、1回1分の無駄としても、750円の売上損失だ。

机と椅子をさがしていると、1回3分の無駄とすると、1日あたり2,250円の機会損失。

しかもそれが、250日だと、なんと56万2,500円もの営業機会の損失につながっているのだ。

…で、あれば、

「日本の平均的サラリーマンの機会損失56万円をマイクロソフトが肩代わりします!」というようなビジネスオーナー向けへのメッセージにするのはどうだろうか?

企業側は、雇用者にタブレットを渡して、遊んで欲しいとは絶対に考えていないはずだ。あれもこれもできるから、「これさえあれば、何にもいらない」というメッセージには、決済権のある人のココロにちっとも響かない。

CMでもスタイリッシュな現実離れをした使い方を提案しているし(笑)こんな人は、iPad miniとMacBookAirの2台持ちかな。

 

【参考】

「Surface 2」と「Surface Pro 2」の違い
http://matome.naver.jp/odai/2138302095836605801

「Surface Pro 3」の完成度
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1406/27/news107.html

 

 

 

スポンサーリンク


【マネージメント】IT企業の経営理念まとめ

スポンサーリンク

KNN
KNNは、世界を昨日よりも、少しだけ幸せにする会社です

Apple
「世界を変える」
「improve the lives of millions of people through technology」 
(テクノロジーを介して何百万人もの人の生活を変える)
「The Computer for the rest of us」普通の人々にとっての「コンピュータ」

PIXER
偉大なクリエイターを起用し、彼らに大きく賭ける


facebook
世界をもっとオープンにし、つながりを強めるというソーシャルミッションを達成する「This Journey 1% Finished」(常に1%しか終わってない)

Google
世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする
Don't be Evil(悪に染まるな!)

Microsoft
「世界中のすべての人々とビジネスの持つ可能性を、最大限に引き出すための支援をすること」

Amazon
顧客は常に正しい」(顧客の絶対性)
地上で最も顧客中心の会社

NetFlix
多くの社員がわれわれの企業文化を好み、長期間働いています。彼らは親切であり、変化を好むことによって高い成果を挙げている人々です。しかし成果を挙げることより職の安定を好む人々もいます。彼らはわれわれの企業文化を嫌います

Netflixの休暇および勤怠に関する規則:そういうものはありません。

Netflix企業カルチャーガイド

 http://www.slideshare.net/reed2001/culture-1798664

 

IBM
IBMers Value-IBM社員が共有する3つの価値観
●お客様の成功に全力を尽くす
●私たち、そして世界に価値あるイノベーション
●あらゆる関係における信頼と一人ひとりの責任

オラクル
データの価値を知として最大化させ、豊かな情報社会を実現する

 

パナソニック
産業人たるの本分に徹し社会生活の改善と向上を図り世界文化の進展に寄与せんことを期す

ソニー
ソニー品質憲章
ソニーは社員1人1人がお客様の視点に立って考え、期待を超える品質とカスタマーサービスをお届けします。
ソニーは、お客様に「満足感」「信頼感」「安心感」を提供できるよう、お客様の視点から、品質とサービスのさらなる向上を目指しています。「お客様から最も信頼されるパートナー」であり続けることは、ソニーにとって最大の目標であり使命です。

 

 

マクドナルド
クイックサービスレストランとしての最高の店舗体験の提供により、お客様にとって「お気に入りの食事の場とスタイルであり続けること」

ハンバーガービジネスで培った資産を有効活用し、経営の効率化と機動性の強化を通して企業価値の向上を図ることにより、長期的かつ安定的なグループ企業の成長を図りたいと考えております。

ジョンソン・エンド・ジョンソン
我が信条(Our Credo)
我々の第一の責任は、我々の製品およびサービスを使用してくれる医師、看護師、患者、そして母親、父親をはじめとする、すべての顧客に対するものであると確信する。

ザ・ボディショップ
「企業活動は、貧困、環境といった世界の問題に、大きな影響を与えます。企業には、世界に対する責任があります。弱い立場の人々の生活を高めるために、すべてのビジネスが『愛と思いやり』を基本にして、その力を最大限に発揮すべきです。社会と環境の変革を追求し、事業を行うこと

マッキンゼー・アンド・カンパニー
常にプロフェッショナルな意識を持ち続ける
One Firm(一つの組織)
マッキンゼーのすべてのコンサルタントは共通の使命(Mission)をもち、グローバルに定める共通の行動規範(Guiding Principles)に則って日々コンサルティングを行っている

 


グリー

インターネットを通じて、世界をより良くする。

ディー・エヌ・エー
DeNAは新しい付加価値と感動を世の中に提供し続けます

カヤック
つくる人を増やす

ぐるなび
「食」に繊細なこだわりを持つ国民性を生かし、日本ならではのオリジナリティあふれるビジネスを展開します。

クックパッド
世界中で毎日の料理を楽しみにする

 

楽天
【5つのコンセプト】
1、常に改善、常に前進
2、Professionalismの徹底
3、仮説→実行→検証→仕組化
4、顧客満足の最大化
5、スピード!!スピード!!スピード!!

 

 

トヨタ自動車
豊田綱領

一、上下一致、至誠業務に服し、産業報国の実を挙ぐべし。
一、研究と創造に心を致し、常に時流に先んずべし。
一、華美を戒め、質実剛健たるべし。
一、温情友愛の精神を発揮し、家庭的美風を作興すべし。
一、神仏を尊崇し、報恩感謝の生活を為すべし。

本田技研工業
人間尊重(自立、平等、信頼)
三つの喜び(買う喜び、売る喜び、創る喜び)

 

パイオニア 
私たちは、創業者松本望の志「より多くの人に、より良い音を」を継承したパイオニアグループの理念「より多くの人と、感動を」を実現していきます。

ヤマハ
感動を・ともの・創る
ヤマハグループは音・音楽を原点に培った技術と感性で
新たな感動と豊かな文化を世界の人々とともに創りつづけます

アサヒビール
お客様の満足

資生堂
私たちは、多くの人々との出会いを通じて、新しく深みのある価値を発見し、美しい生活文化を創造します

京セラ
"敬天愛人" 常に公明正大謙虚な心で仕事にあたり天を敬い 人を愛し 仕事を愛し 会社を愛し 国を愛する心
全従業員の物心両面における幸福を追求すると同時に人類、社会の進歩発展に貢献すること

日産自動車
「未来への投資」未来を志向する人々が、“どのような社会に生きたいか”を実験し、体験し、思索する機会を提供する

象印マホービン
暮らしを創る

NHK
豊かで安心、たしかな未来へ
いつでも、どこでも、もっと身近にNHK

 

ソフトバンク
情報革命で人々を幸せに
デジタル情報革命を通じて、人々が知恵と知識を共有することを推進し、企業価値の最大化を実現するとともに人類と社会に貢献する。

 

ローソン
私たちは「みんなと暮らすマチ」を幸せにします。

 

ダスキン
人に社会に「喜びのタネまき」を。

オリエンタルランド
自由でみずみずしい発想を原動力に、すばらしい夢と感動、ひととしての喜び、そしてやすらぎを提供します。

日本電産
「All for dreams」(すべては夢のために)

ワタミ
変化する社会に応じて「ありがとう」を創造していきます。ワタミグループは、少しでも人や地球環境に良い影響を与えるグループを目指し、活動を行っています。

カルチュア・コンビニエンス・クラブ
「カルチュア・インフラを、つくっていくカンパニー」

モスフードサービス
「食を通じて人を幸せにすること」

吉野家ホールディングス
For the People 〜すべては人々のために〜

ロート製薬
私たちは、社会を支え、明日の世界を創るために仕事をしています。
Happy Surprise! よろこビックリ誓約会社

ヤマダ電機
高い品質の製品をお求め安い価格で

ビックカメラ
最高のサービスをお客様に提供することで社会に貢献する

 

【経営理念】
「経営理念」とは事業管理上,深く思うすじ・きめごと
【社是】
会社での正しいとされること

【社訓】
会社での教え

【信条】
誠、道理

ミッション:使命
ビジョン:志、展望
バリュー:価値観

ミッションステートメント
企業活動におけるミッション(mission)とは、企業と従業員が共有すべき価値観や果たすべき社会的使命などを意味します。従来の「経営理念」や「社是・社訓」がこれにあたりますが、そうした自社の根本原則をより具体化し、実際の行動に資する指針・方針として明文化したものを、とくに「ミッションステートメント」(mission statement)と呼びます

 

【参照・引用】
http://www.keieirinen.com/
http://u-note.me/note/47486712
http://matome.naver.jp/odai/2133077996510712701

スポンサーリンク