Previous month:
2013年12 月
Next month:
2014年2 月

2014年1 月

TED Where is home pico lyer

スポンサーリンク

 

ピコ・アイヤー

作家

1957年、インド人の両親のもと、英オックスフォードで生まれる。7歳の時、家族で米国に移住。その後、英イートン校に進学し、オックスフォード大学とハーバード大学大学院を卒業。82年より、世界各地を旅しながら、150以上の雑誌や新聞に執筆。
「Video Night in Kathmandu」「The Lady and the Monk 」「The Open Road」「The Man Within My Head」等、著書多数。92年より、日本に在住。 

このTEDは必見! 国や人種に対しての概念変わります!

国がどうのこうのっていう時代ではなくなるのが本当のグローバル。
インターネットはそれを加速化する。
もはや、homeとは、自分の立っている場所の問題。
世界が狭小化すると、国益とか境界線を争う意味まで変化する。
地球というこの球体の中でどう同時代の人と過ごすのかが重要である。

日本の特徴は、同一人種が多すぎるところなのかも、マルチカルチャーな国家でないため、異質なものや異端なものに対しての排除感が強すぎる。まさにガラパゴスである。
しかも老人のガラパゴスである。

これからの日本は、人種の混合が進みマルチカルチャー化せざるを得なくなる。好むと好まざるにかかわらず。

古き日本を堪能できるのはあとわずかだ。
「ここは日本だ!日本語をしゃべれ!けしからん!」と怒れる時代はそう長くはないだろう。

【プレゼンテーション】
旅行作家 Pico Lyer #ピコレイヤー 
「Where is home?」
#TED #スーパープレゼンテーション

◎母国(出生地)以外の国で過ごす外国人数 2億2000万人

◎カナダ(3400万人)とオーストラリア(2268万人)を足して、倍にして、さらに倍にした人数(笑)
※地図で見るとすごい広い土地になる(笑)

◎カナダの最大都市のトロントでは、半分が外国人

◎12年後(2025年)には、母国以外で過ごす外国人数は、6400万人と増加し、世界で5番目に多い人口数となる。

◎アメリカの大統領の半分はケニア人


1957年、インド人の両親のもと、英オックスフォードで生まれる。7歳の時、家族で米国に移住。その後、英イートン校に進学し、オックスフォード大学とハーバード大学大学院を卒業。82年より、世界各地を旅しながら、150以上の雑誌や新聞に執筆。
「Video Night in Kathmandu」「The Lady and the Monk 」「The Open Road」「The Man Within My Head」等、著書多数。92年より、日本に在住。 

http://www.nhk.or.jp/superpresentation/backnumber/140106.html
 



スポンサーリンク

スポンサーリンク

  


家入一真 2014年都知事選挙立候補!本当に出馬するとは!〜 既存のシステムをハック!優しい革命を!

スポンサーリンク

 

2014年1月22日記者会見

キーワード、「居場所のある街東京」

仕事、遊び、が楽しめる街、東京

政治に参加したくなる街、東京

政治をネットを使って身近にする

 

うん、この記者会見いいのでは…!

選挙期間内は24時間ネットで選挙活動する。

この手法は、既得権益の人は脅威かも!

既存のシステムをハック! 優しい革命を!目指す!

クラウド選挙対策本部

頑張れ!家入一真! 応援するよ!

この会見見る限り、当選する可能性が無いわけではない気がする。あと、当選したら、ホリエモンが副知事になるという宣言もすればいいのに…。変な野党よりも、よほど強靭なパーティーになるはずだ。

KNN YouTubeチャンネル登録
http://www.youtube.com/user/knnkanda

スポンサーリンク

スポンサーリンク