Previous month:
2013年5 月
Next month:
2013年7 月

2013年6 月

ネット選挙のここがダメ!未成年者のRT禁止、どうやって未成年を見分けるんだ?

スポンサーリンク

 

ネット選挙解禁! でも未成年者のReTweetは禁止だという。

なんと、リツイート(RT)が選挙活動となるらしい。

この法律はむしろ、日本国憲法第21条の「表現の自由」に抵触しているのではないだろうか?

そもそも未成年の選挙運動が禁じられているのは、「心身ともに未成熟な未成年を保護するため」(総務省)とされているが…、
http://www.j-cast.com/2013/06/21177815.html?p=all

未成年の目に触れている時点で、全く保護されていないし、目に触れたものに対して抱く感情の表現を禁止し、公選法に基づき、1年以下の禁錮または30万円以下の罰金の対象となるのはおかしすぎる。

10代に限らず、未成年が政治に関心を抱くことは、意味のあることだろう。投票権や参政権がないだけで、選挙運動や政治運動は自由とすべきではないだろうか?

もしかすると、学校で社会科、政経、現代社会、公民で学んだ事を実名議員を事例にツイートしたりRTすると、法律違反になるのか?

そんなバカな法律あるか!

ネット上では、未成年でも、政治や選挙に考える時間を多く持つ若者が多くなり、選挙に行かないオトナがバッシングされるなんてこともありえる。

今回のネット選挙では、大量の未成年者の公職選挙法違反者が現れることは確実だ。

しかし、逮捕者は出ることは極端に少ないだろう。

それは、ソーシャルメディア上で、一体誰が未成年であるかということを見極めることが非常に難しいからだ。

これがネット選挙解禁を規制している法律で一番ザルな部分だ。

そもそも、メールアドレスだけで取得しているアカウントをどうやって未成年と見分けるんだ?

電子メールとアカウント名だけで年齢を当てる技術を選挙管理委員会は持ち合わせているのか?

twitterや、facebookでも本当の年齢の推定と確定は難しい。 携帯電話にヒモづいているLINEやカカオでさえ、通信会社がデータを提供しない限り年齢はわからない。

未成年かどうかを特定しないで、未成年の選挙運動禁止なんて単なる掛け声にしか過ぎない!

総務省 インターネット選挙運動の解禁に関する情報
2013年04月19日 議員立法成立 
(インターネット選挙運動解禁に係る公職選挙法の一部を改正する法律)
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10.html 

これが総務省配布のチラシだ。
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/img02/chirashi_minor.pdf 


  

2003年、第23回参議院選挙は7月4日(月)公示、7月21日(日)投票日に決定!

スポンサーリンク

 

2003年、第23回参議院選挙は7月4日(月)公示、7月21日(日)投票日にようやく決定された!

以前から、そうなるだろう…と予測されていたけれども、正式な閣議決定がなされてはじめて決定する。

また、公示日である7月4日(月)以降も、通常どおりの議員のネット活動とネット選挙活動ができる事が、今年からの「ネット選挙」の大きな違い。公示日以降、初めて「選挙に出馬しました!」という文言を使うことができる。しかし、それまでは、選挙候補予定者とか、出馬予定でモゴモゴしている表現だ。

政府は28日の閣議で、参議院選挙の日程について、公示日を7月4日、投票日を21日とすることを決めました。参議院選挙の日程は、公職選挙法によって、国会が閉会してから、24日以後30日以内に行うと規定されています。26日に通常国会が閉会したのを受けて、政府は28日の閣議で、参議院選挙の日程について、公示日を来月4日、投票日を21日とすることを決めました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130628/k10015649601000.html

 

大事な国民の休日を奪うことになるんだから、もっと早期に決めるべきではないだろうか?

公職選挙法で、参議院選挙は、国会の閉会から「24日以後30日以内」と決められていることが問題だ。

この条文の数字を例えば「48日以降、52日以内」とすれば、2ヶ月弱の先に決定することもできる。毎週、日曜日が予定でギッチリの人ばかりではないけれども、選挙の投票率が伸び悩むことが本当に問題ならば、選挙日をさっさと決められるような法律にすべきではないだろうか?

また、期日前投票を利用すれば、今回の参議院であれば、7月5日(火)から7月20日(土)の午前8時30分から午後8時までに、「期日前投票所」で投票できる。以前の不在者投票のような複雑な手続きがなくなり、簡素化されているから、公示日の翌日に投票を済ませてくることさえできます。

立候補している人にとっても、 「期日前投票で投票してきました!」と声をかけられるほど、嬉しいものはないだろう。

http://2013senkyo.jp/vote/index.html#before