Previous month:
2013年1 月
Next month:
2013年3 月

2013年2 月

アマゾン電子書籍の個人出版はシリーズ販売すると利益が4.8倍になる話! ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行さんより

スポンサーリンク

 

もりぞぉさんの、個人出版研究面白い!!

 

つまり、こういう事なんだ!

http://morizo.asia/?p=2026

私が考えた方法が、
「分割し、分量を減らし、安くする」です。

出版社から紙の本を出す場合は、ほとんどの場合、200ページ、12万字以上といった不文律があります。極端に薄い本とか、文字が大きくてページがスカスカの本とかもありますが、一般的にはそれなりの文書量が求められます。

しかし、電子書籍の長さは自由に設定できます。極端な話、1ページ400文字のショートコラムを99円で販売することもできます。
これを活かして出来ること、それが、1テーマ、80ページ程度の本に分割するということです。中略

そして、収益として大切な250円。
私はこれをやる際には、99円本よりお得感を持ってもらうために99円本×3冊=250円としました。

前回も書きましたが、1冊100円で満足してくれた方には、3冊250円はお得だと思ってもらえるだろうという価格設定です。
繰り返しになりますが、
100円で三冊売れると収益は 100円×35%×3冊=35円。
250円で一冊売れると収益は 250円×70%×1冊-販売手数料9円=169円。
作者に入るお金は5倍以上になるのです。

 

なるほど、250円以上で販売すると印税が70%になる。

一冊99円の市場と化しているKindle市場であれば、3冊まとめて250円とすればお得感が出せる。

まずは600文字 60ページで3万6000文字 で100円で 35円の利益 35%

シリーズで3部作かな!
3部作ならば 600文字 180ページ 10万8000文字。 250円で169円の利益 67.6%

1000部で16.9万円

5000部で845000円

1万部で169万円

2万部で338万円

新書一冊700円の初刷2万部の印税10%の場合、

700×20,000×10% =140万円

 

個人電子書籍の次のフレームは、販売宣伝とマーケティングの時代だろう。

もりぞぉさんの書籍買わせていただきました!!

  


Androidアプリをブログで紹介する方法

iPhone5とiPad2,iPad miniでiOSはほぼ完璧にユーザーとして使えるようになってから、

Google Nexus7 と Samsung Galaxy note IIでandroid ユーザーとして日々苦戦している。

なんだか、かつてのインターネット黎明期のMicrosoftのOSのような使用感だ。

それでも、iOSにはないアプリがたくさん、存在しているから、iOSとAndroidは双方使っておくべきだと思う。

Appleという企業がすべてを掌握しているiOS市場と、Googleという企業が広く公開しているAndroid市場。そのどちらにも大きな特徴が出始めてきている…。

さて、今回は、そんなAndroidアプリ側をブログで紹介する簡単ツールを紹介してみたい。

 

Androidアプリをブログで紹介する方法

一番簡単なのはこのツールだと思う!

スマートフォンアプリ紹介ツール

iTunes App Store, Google play に対応。
http://spsns.net/tools/

iTunes App StoreGoogle play (旧Android Market)に対応アプリをサイトやブログでサクっと簡単に紹介できるHTMLタグを生成する無料ジェネレーター

たとえば、美容整形シュミレータのURLをGoogle Playから検索し、そのURL

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kaeriasarl.vps&feature=search_result#?t=W251bGwsMSwxLDEsImNvbS5rYWVyaWFzYXJsLnZwcyJd

を自動生成ツールにコピペすると

<iframe src="http://spsns.net/tools/app.php?url=https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kaeriasarl.vps&amp;amp;feature=search_result#?t=W251bGwsMSwxLDEsImNvbS5rYWVyaWFzYXJsLnZwcyJd" frameborder="0" width="450" height="250"><iframe>

というタグを生成してくれる。

これをブログのHTMLに、貼り付けるとGogle Playへのリンクを貼り付けることができる。

 

Androidだけではなく、iTunesも可能であり、iTunesの場合はリンクシェアのアフィリエイトIDを持っている人であれば、そのパートナーIDを登録することができる。

 

しかし、iOSの場合は、iTunesの iTMS LINK MAKER が一番便利だろう。

 Androidでの有料アプリのアフィリエイトのようなプランは、まだ用意されていないようだ。

↑まだ、未確認。

アップルのような企業が審査をしていればいいが、Google Play以外に、いろんな企業がアプリを集めているので、そのあたりも判断がしにくいのがAndroid市場の特徴だ。

 

 

 

 

Chromeを使っている人には、Chromeのエクステンションがある。




   ↓ Download↓ 

「wait」が表示され、その後embedのタグが生成され発行される。 ■ブックマークレット

@yoshihiko_tさん作成のブックマークレット。ブックマークレットとは、ブックマークから起動できるプログラム。…とはいっても最近はブックマークというよりも、ブックマークタブにドラッグアンドドロップでインストールできるものが多い。

このリンクをブックマークタブにまでドラッグアンドドロップするだけ!

↓↓↓
  AndroidHtml

あとはGoogle Playで紹介したいアプリのページを開き、ブックマークタブから、 AndroidHtmlをクリックするそれでEmbed Tagが生成される。