Previous month:
2012年9 月
Next month:
2012年11 月

2012年10 月

一口で2度美味しい、広告代理店向け企画!雑誌広告&タブレットアプリの連動広告。しかし、謙虚な広告代理店。

スポンサーリンク

 

もう、とにかく、見事といえるクリエイティブ。

雑誌とタブレットアプリとの連動企画。

どちらも併用することによって、新たなユーザー体験が得られる。

これでクルマの購入には即、つながらないかもしれないけれども、確実にブランド価値感は変化する。

さらに、裏面が映らないためにも、両面広告出稿しているところも見逃せない。

雑誌2P広告枠×雑誌媒体数 + タブレットアプリ制作費 + プロモーション 

それだけでなく、このようなブログによるYouTube拡散や、広告手法としての取り上げられ方など、プライスレスな部分も多い。

残念なのはどこの代理店が仕掛けているのかがわからない。これもったいない…。謙虚な広告代理店。

http://youtu.be/c23KyaGXQD0

レクサスが、米国で実施している広告が話題になっている。アップル社の携帯タブレット端末、「iPad」と雑誌を連動させた新しい広告だ。
この広告はレクサスが10月10日、新型『ES』をアピールする目的で発表したもの。米国の有名雑誌、『スポーツイラストレイテッド』とタイアップ。10月15日発売の最新号に、新型レクサスESの広告を掲載した。
この広告ページの下に、iPadを置き、iPadの再生ボタンにタッチ。すると、音楽に合わせてレクサスESのヘッドライトが点灯。続けてエンジン音とともにタイヤが回り始め、あたかも新型ESが走行しているかのように見えるのだ。さらに、ダッシュボードの車載インフォテインメントシステム、「Enform」をはじめ、新型ESの特徴が紹介される。
この広告は、「CinePrint」と呼ばれる最新技術によって可能になった。レクサスのブライアン・スミス副社長は、「この広告はメッセージを伝えるだけでなく、静的な雑誌広告にインタラクティブな動きを与えることができる」とコメントしている。

http://www.rbbtoday.com/article/2012/10/31/96945.html

http://wired.jp/2012/10/25/lexus-cineprint/

スポンサーリンク

  


米ディズニーが、ルーカスフィルムとスター・ウォーズの権利を買収 世界のIT業界は、すべてルーカスさんの女性問題で動いてる?

スポンサーリンク

 

 

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE89T09X20121030

 

http://youtu.be/PEXq_iKq6Es

 

ディズニーが買収して、スター・ウォーズのキャラクターがディズニーランドに並ぶのも時間の問題…。

どうやら、そんな雰囲気さえしてきた。

嬉しいやら悲しいやら…。

もしかして、ジョージ・ルーカスは、また離婚の費用に当てるつもりなのか? 

そもそも、ジョージ・ルーカスが離婚しなければルーカスフィルムのコンピュータ部門も売り出されず、

それがなければ、ジョブズが買い取ることもできず、ピクサーも誕生しない。

ピクサーがなければネクストも存続できていない。

すると、現在のアップルにジョブズも返り咲いていない。

現在のアップルがiPhoneを造っていなければ、Androidもなかっただろう。

 世界のIT業界は、すべてルーカスさんの女性問題で動いてる?

 

[ロサンゼルス 30日 ロイター] 米メディア・娯楽大手のウォルト・ディズニー(DIS.N: 株価企業情報レポート)は30日、米映画制作会社ルーカスフィルムと人気映画シリーズ「スター・ウォーズ」の販売権を40億5000万ドルで買収すると発表した。

今回の買収にはスター・ウォーズの新シリーズに関する権利も含まれ、ディズニーは2015年に新たな作品を発表し、その後は2─3年ごとに新作を公開するとしている。

映画監督のジョージ・ルーカス氏は引き続きクリエーティブコンサルタントとして関わる。同氏はディズニーの株式2.2%を保有する第2位の個人株主となる。

ルーカスフィルムの買収でディズニーは半分を現金で支払い、約4000万株を発行する。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク