Previous month:
2012年4 月
Next month:
2012年6 月

2012年5 月

誰がbit.lyを複雑にしているのか? 

 

誰がbit.lyを複雑にしているのか?

 

突然、インタフェースを替えられてしまって、混乱の数日!

まずは、一番右上の▼から、【tools】を選び、bitmarkをメニューバーにドラッグして一件落着!

https://bitly.com/a/tools

新機能を試したい余裕のある人からbetaとして、ソフトランディングしてもらいたいものだ。

新機能のバンドルはおいおい試してみます…

突然、変わってしまい、Bookmarkletも機能しないのでこの数日とっても不便な思い…。

提供者側は、どうだ!この機能なんだけど、ユーザーはちんぷんかん…。

あやうく、 Google Url Shortner に引っ越すところだった。

http://goo.gl/

 

短縮URLのBitlyが大幅アップデートで直接ツイートが可能に | ニコニコニュース.

米Bitlyは5月29日(現地時間)、同名の短縮URLサービス「Bitly」を大幅にアップデートした。従来の短縮URL機能に加え、TwitterやFacebookでのURL共有などのソーシャル機能や、テーマ別にURLをまとめるキュレーティング機能が加わった。 【拡大画像や他の画像】  ページ構成も大きく変わり、短縮URL(「bitmark」と名付けられた)を作成するには、右上の「Add a bitmark」をクリックして表示される枠にURLを入力するようになった。  短縮URLを作成したリンクにマウスを置くとノートの追加ボタン、「bundle」への追加ボタン、情報ボタン、「Share」ボタンが表示される。ノートはリンク一覧上に追加する覚え書き、bundleはbitmarkをテーマ別にまとめておくカテゴリだ。  作成したbundleはbundleタブで確認できる。ユーザーは、Bitlyアカウントを持っている他のユーザーをbundleキュレーターとして追加することもできる。  bitmarkタブにある検索枠では、ユーザーが作成した短縮URLをキーワードで検索できる。bundleに追加するURLを探すのに便利だ。  Shareボタンは、短縮URLをTwitter、Facebook、メールで共有できるようにする機能。例えば、アカウントに連係しているTwitterのアカウントで、作成した短縮URLを含めたツイートを直接できるようになった。  共有機能が追加された一方、各bitmarkとbundleは1クリックでプライベート設定にできるようになっている。また、ソーシャルサービスのようなプロフィールタブも追加された。  また、Chrome向け拡張機能とiPhoneアプリもリリースした。

カギをかけない人生の生き方

 

カギをかける時間コストがいつも無駄だと思う。

カギをかけるのに、毎回10秒くらい人生を無駄にする。朝夕で20秒は必ず、楽しくない作業を強いられている。もしかして、カギを探す手間を考えると1日30秒くらい無駄だ。

荷物があると、その荷物を一旦おいて…雨が降ると傘をおいてと…めんどうだ。

ボクは50余年生きてきて、実家が泥棒に入られたことが一度だけある。

被害額は約10万円。しかし、保険があり、実質の被害は3万円ほど。

50年間で3万円の被害(年間600円)に対して、カギを閉めて、カギを持ち歩いて、かさばって、カギを開けて… 年間600円以上もカギをかけることによって、被害額を上回る時間的コストを割いている。

さらに、最近では、半年に一度、引越しているので、カギ交換代金、約1.5万円はバカにならない。

いつも、「カギは不要なんで、カギはないままで結構です。だから、カギ交換代金は払いません」と不動産屋さんを困らせる。むしろ、仕事で前職が、錠前屋なんで自分でやりますとか、職業が内装屋なんで、引越しの後処理は自分でやりますなんてのもありかも…。

実際に、マンションなどの場合、オートロックなども多いので、カギが本当にどこまで必要なのかも疑問。

北欧なんて、どこの家もリビングルームまでは入り放題! ベッドルームだけカギをかけているw。

玄関は開けておいて、室内やリビングだけロックというのもありかと思う。

そうはいっても、女性はそうはいかない。

そこは、男性と女性の違いでもあるが…。

むしろ、素敵な女性に対して、心の中のトキメキのカギの方が必要だ。