Previous month:
2011年1 月
Next month:
2011年3 月

2011年2 月

電通とFacebookが業務提携 広告主向けにマーケティング活用支援 - ITmedia News

電通とFacebookが業務提携 広告主向けにマーケティング活用支援

電通とFacebookが業務提携。広告主向けに、Facebookを使ったマーケティング活用のコンサルティングなどを行う。
2011年02月28日 15時45分 更新

 電通と米Facebookは2月28日、SNS「Facebook」を活用した広告主向けマーケティングサービスの支援で業務提携したと発表した。電通はFacebookの公式広告販売パートナーとして、広告主に対しFacebookのマーケティング活用コンサルティングやFacebookページの制作などを行う。電通は「新たな広告手法による新収益の創出を目指す」としている。

 電通はFacebookの国内公式広告販売パートナーとして、広告主向けにFacebookページのコンサルティングと制作を行う。またFacebookのプレミア広告枠の独占販売、マス広告と連動させたFacebook活用マーケティング展開を広告主に提供していく。

 広告枠販売は、電通傘下のサイバー・コミュニケーションズ(cci)がメディアレップとして担当する。

 Facebookプレミア広告枠は、電通とcciが1年間(2011年2月18日から)の独占販売権を取得した。同広告は、他社広告が同時に掲載されることがない独占掲載で、アンケートやイベント、「いいね!」ボタン、動画などを含めることができる。

 提携の具体的な内容は以下の通り。

(1)電通は日本での公式広告販売パートナーとして、Facebookから最新の技術情報やサービス活用事例などを入手し、広告主・媒体社へのコンサルティングを行う

(2)電通はFacebookの協力を得て、広告主、媒体社にとって付加価値の高い、Facebookの機能を最大限に生かしたFacebookページの制作を行う

(3)電通とcciはFacebookのプレミア広告枠の年間独占販売権(2011年2月18日から1年間)を取得し、テレビ、新聞、雑誌、ラジオなどのマス広告とFacebook上の広告を連動させた、新たな広告を開発する

(4)電通はFacebookによる技術サポートの下、Facebookプラットフォームを活用した新たな広告/プロモーション企画やビジネスを開発する

(5)電通はFacebook社が新たに広告手法として展開しているソーシャルの要素が含まれたプレミア広告に積極的に取り組んでいく

via www.itmedia.co.jp

1995年、HTMLに大手代理店が参入。企業のホームページ作りを支援。

2007年、SecondLifeに大手代理店参入。ランド、プリム制作を支援。facebookバブルはどちらにも似ている。

【3】Facebookのプレミア広告枠の年間独占販売権が1年間という短期的な契約が気になる。

3〜5年間という長期的な契約を結べなかったのか、結ばなかったのかが気になるところ。

日本でfacebookはバブルなのか、根付くのか気になるところ。

ビジネス目的であったとしても、ユーザーや顧客と同じ視点でコミュニケーションできるかどうかが成功の決め手。

広告クライアントのソーシャルメディアへの意識変革を、広告の手法でうながせるのかがポイントとなるだろう。


【講演】2011年03月08日(火)19:00「デジタルハリウッド 新本科開講記念セミナー」

 

【講演】2011年03月08日(火)19:00-20:30「デジタルハリウッド 新本科開講記念セミナー」

http://www.dhw.co.jp/eat-studio/seminar/vol03/ 

3月8日(火)19:00~20:30 参加無料・要予約 ソーシャルあにき。~無題なクリエイティブアワー。今日はあえてUSTしないから~

http://www.ustream.tv/channel/eat-studio


※20:40~21:40 名刺交換会、懇親会
[参加] 無料・要予約 [定員] 80名

予約はこちらから
https://www.dhw.co.jp/school/seminar/form.php

 

ソーシャルメディア時代の真っ只中、学ぶ環境が学校だけでなく世界(ネット中)にある環境になってきた。 そのような環境になったとき、人はソーシャルメディアをどう活用し、リアルでは何を学ぶべきなのか。 そして、クリエイティブ力を身につけるにはどうするべきなのか?

今回は、ソーシャルメディア時代を牽引する『川井拓也』『神田敏晶』『倉園桂三』『佐々木博』を招き、 クリエイティビティを高めるライフスタイルとは一体どういうものなのかを討論する。

講師プロフィール

川井 拓也川井 拓也(ライブメディアあにき)

デジタルハリウッド大学大学院 専任教授/
(株)ヒマナイヌ 代表取締役社長

CM制作プロダクションでCM、番組、映画、ウェブなどをプロデュース。独立後に手がけたライフログシステム「ライフスライス」や両面デジカメ「Howdy?」などのアート活動で文化庁メディア芸術祭受賞。
コミュニティディレクションを手がけた「ミクシィ年賀状」ではTIAAグランプリを受賞。主な著書に「SNSビジネスガイド」「Twitterマーケティング」「USTREAM 世界を変えるネット生中継」など。

神田 敏晶神田 敏晶(テンガロンあにき)

KandaNewsNettwork,Inc. 代表取締役
ビデオジャーナリスト / ソーシャルメディアコンサルタント

神戸市生まれ。ワインの企画・調査・販売などのマーケティング業を経て、コンピュータ雑誌の編集とDTP普及に携わる。
その後、マルチメディアコンテンツの企画制作・販売を経て、1995年よりビデオストリーミングによる個人放送局「KandaNewsNetwork」を運営開始。ビデオカメラ一台で、世界のIT企業や展示会取材に東奔西走中。

倉園 佳三倉園 佳三(ゾノあにき)

IT&ソーシャルメディアコンサルタント、執筆家、音楽家。
85年から95年まで音楽家として活動。96年に編集者に転身。99年、雑誌『インターネットマガジン』編集長に就任。2002年に独立。 2005年、KDDIウェブコミュニケーションズ顧問に就任。著書『iPhone×iPad クリエイティブ仕事術』『Nozbeクリエイティブ仕事術』(インプレス刊)。 
現在は、iPhone、iPad、クラウドサービス、ソーシャルメディアなどをテーマにしたブログ『ZONOSTYE』を中心に、独自の活動を展開中。

ZONOSTYLE:http://zonostyle.com
Twitter:@zonostyle

佐々木 博佐々木 博(プレゼンあにき)

株式会社創庵 代表取締役

パソコン・ITのエバンジェリストとして、NHK教育テレビ「趣味悠々」にて12年間番組講師を歴任。 現在全国の地方自治体や企業などでソーシャルメディアやスマートフォンを活用した情報表現・創造教育の普及に尽力。 NPO活動の一環として「次世代のIT講師育成支援」事業を行う。2011年4月より恵比寿に私塾を開講。 難しい用語やテクノロジーをわかりやすく伝える語り口には定評がある。
近著に「AR(拡張現実)で何が変わるのか? (技術評論社)」 川田 十夢・佐々木博共著、『日本的ソーシャルメディアの未来』濱野 智史、佐々木博共著など、40冊近い著書監修書籍をもつ

 

 iTunes Store(Japan)