【ソーシャル革命】エジプト100万人デモ、日本時間で本日16時より #egyjp
Information

エジプトデモに見るネット普及率とフェイスブック普及率との関係性 internetworldstats.com #egyjp 

http://www.internetworldstats.com/

の調査では、facebookの普及率も調査されている。

アフリカ

http://www.internetworldstats.com/africa.htm#cu

中東

http://www.internetworldstats.com/middle.htm

 

ネット普及率からfacebook率を割り出してみた。ネット普及率の母数が違うので、拡散力がどこまでデモの動員力となるかはちがうが、ひとつの指標となるのかもしれない。さらに、人口やGNP、独裁政権の長さなどのパラメータを加味していくと、デモと政変の成功確率が事前に分析できるのかもしれない。

 

チュニジア 46.5

ネット普及率        34.0%
facebook普及率    15.8%

 

エジプト 24.0

ネット普及率        21.2%
facebook普及率    5.1%

 

ヨルダン 61.0

ネット普及率        27.2%
facebook普及率    16.6%

※リファイ内閣総辞職(2011年02月01日)
※アブドラ国王 バヒート氏に新内閣指示
(2011年02月04日怒りの日デモ1000人規模) 

 

リビア 50.9

ネット普及率        5.5%
facebook普及率    2.8%

 

イエメン 27.8

ネット普及率        1.8%
facebook普及率    0.5%

※サレハ大統領 退陣表明(2011年02月02日)

※怒りの日デモに2万人以上のデモ(2011年02月03日

 

アルジェリア 22.8

ネット普及率        13.6%
facebook普及率    3.1%

 

オマーン 13.9
ネット普及率        41.7%
facebook普及率    5.8% 

 

シリア 0.6

ネット普及率        17.7%
facebook普及率    0.1%

※アサド大統領が反政府運動に懸念

 

スーダン ?

ネット普及率        10.0%
facebook普及率    ?%

 

チュニジアのジャスミン革命(2010年12月)で、ソーシャルメディアという「動員ツール」の活用によって、ソーシャルメディアを活用した「市民革命」が起きた。イランのグリーン革命(2009年06月)がソーシャルメディア革命の発端。

情報は自由になりたがる…。腐敗した政治に対しての鬱憤は、すぐにネットワーク上で可視化され、デモの動員ツールにSNSを変貌させた。

それらを引き金にして、エジプトでの市民革命に世界が注目している。海外メディアの反応を見ながら、外圧をも味方にデモができる時代だ。

さらにアメリカも関与せざるを得なくなり、そこには、対イスラム原理主義 という21世紀の対立構造も気になってくる。

長期にわたる独裁政権国家の中で、アメリカが生んだインターネットで世界との差異を知り、鬱憤はfacebookという個人連絡網によって市民の集結を安易にさせた。

エジプトの動向を見ながら、アフリカ、中東で、長期独裁政治に対して、市民革命が起き、また、それらが、連鎖しつつある。まるでドミノのように、まさに「政変ドミノ」だ。

しかし、それと同時にイスラム圏の勢力拡大する動きも気になる。

イスラム勢力拡大の中での、アメリカの立場、イスラエルの立場、スエズ運河。メディアでは、中東の石油の事ばかりが懸念されているが、アラブ・イスラム圏への文化と宗教の理解も、今後は必要な時代なのではないだろうか?。

インターネットやフェイスブックが、新しい世界のプロトコルとして、対話し、理解しあえることが一番大切な事だろう。トーマス・フリードマンのいうように本当に「フラット化する世界」が重要だろう。

 

 

 

 

 

コメント