NHK教育「めざせ!会社の星」ツイッター特集 #nhk_kaishahoshi  
2010/01/19/Tue 21:00 クーリエ・ジャポンの現場から[ツイッター対談「神田敏晶×津田大介」を開催します!]

あれから15年 阪神淡路大震災 #19950117

ビデオテープのHi-8デッキがあるうちに、 DVテープにダビング。

それを行いながら、Ustream.tvにも送り出してみた。

ビデオのすごさは改めて当時の記憶が鮮明に蘇ることだ。

http://www.ustream.tv/recorded/4020697

フジテレビ 阪神・淡路大震災から15年「神戸新聞の7日間」を見ても思い出した記憶のいくつか… 94年、95年と2年続きでマグニチュード7を体験しました。その頃の映像
  前半は1994年のノースリッジ地震  2分からは阪神淡路大震災
  http://bit.ly/6HXkD9 

半壊した自分の家を、ビデオで撮影できたけど、全壊したお隣のビデオを撮ることはできなかった…。

神戸市兵庫区 川崎病院に運ばれてきた人たち。しばらくして、病院と体育館へ分別される。体育館の床にたくさんの方が並んだ…記憶がよみがえる…。

倒壊した家屋に、火の粉がふりそそぎ、消えた場所からまた火が発生。風向きひとつで生存者の命が替わった…。

震災翌日、地元のコンビニが空いたとたん、一斉に集団強奪となり、店舗を空けたくても空けられなかった事実。美談ばかりではない集団パニック。

この頃から、避難所のトイレがすごいことになりはじめる。水が流れないトイレにティッシュの山。コンビニの袋を2枚重ねで処理をする方法をみんなで考えた。

亡くなった方たちにカメラを向けるのは本当に怖い。しかし、これが震災の真実だ。それは決して掲載報道できない。あの方たちの命の分まで、生き残った人は生きていかなければならない。そうでなければ報われない。

震災3日目、船が動いた。神戸から船で大阪にまで買い出しにでかける。弁天ふ頭でデートしているカップル、心斎橋でパチンコしている人たち。同じ日本と思えなかった… 帰りは西宮北口から神戸まで歩く。

震災後、「心配したよ!」という電話がずっと鳴り続ける。しかし、連日、かえってそれが迷惑だった。すみません。

震災4日目、兵庫区で電気がついた。世の中が変わった。ボランティアがやってくる。しかし、炊き出しの列にボランティアが率先して並んでいるではないか。「君ら一体、何しに来たん?」

大阪に行くために三宮から西宮北口まで阪急の線路を歩く。線路で休む人たち、みんなが声をかけあった「大丈夫?」「ゆっくりいこね」。見ず知らずの、みんながとてつもなく優しかった。

ボクの取材ビデオを元にしたドキュメンタリー番組

NeoHyperKids 「検証・ネットから見た阪神大震災」 日本テレビ・時空工房

http://www.ustream.tv/recorded/4033220