Previous month:
2009年9 月
Next month:
2009年11 月

2009年10 月

フォローとフォロワーの関係を進化させるリスト機能

フォローとフォロワーの関係を進化させるリスト機能

2009年10月28日(水)ツイッターに 「リスト機能」が提供されはじめた。一斉に導入されるのではなく、徐々に導入された。リスト機能の使えるユーザー、使えないユーザーと別れた。おそらく、 負荷分散のためだが、どのようにユーザー選択をしているのかは不明だ。また、日本語版であっても、英語でサービス利用可能がタイムラインに表示されたので 驚いた人も多いことだろう。今後はこういったところも、日本語での対応が望まれる。翻訳だけなら1時間もかからないからだ。困ったユーザーの問い合わせに 答えるほうが大変かと思う。
<img src="http://gyazo.com/cd2e4e038497dd3629465cb188cba2e0.png">

さて、このリスト機能とは、単純にいえばグルーピング機能のことである。自分のフォローした人のタイムラインは一種類であるが、リストでまとめることによって、フォローする人たちを分類することができる。

ここまでは、あれば便利な機能のひとつということだ。しかし、ここからがツイッターならではの機能だ。ツイッターのリスト機能は、他人の作ったリストそのものをフォローすることができるようになっている。これは、かなりユニークな機能だ。

@kengo さんの友達リストをフォローすることにより、その友達をフォローしてなくとも、ツイートを読むことができる。
<img src="http://gyazo.com/ef32c2df959b266f3cfdc458accbf1a8.png">

これにより、自分のタイムラインだけではなく、誰かが作ったセットリストの分類のようなツイートを読むことができる。これは、ツイッターのサービスをさらに奥行きを与えてくれるようなサービスとなった。
自分のタイムラインに表示されるように、フォローするのではなく、リストをフォローすれば、誰かが作ってくれたテーマにあったリストを見ることができる。
もちろん、そこから自分が作ったリストに編集していくということもできる。それは、自分がフォローしているしていないにかかわらず編集できるのだ。

自分のリストを見てみると、80のリストにフォローされて、13のリストをフォローしていることになる。
<img src="http://gyazo.com/a7a2479f7a219228a716d4791a51e050.png">

ま た、これらが公開されているので、ツイッターのフォローとフォロワーの概念関係がそのままリスト機能においても適応されているのだ。これはbeta機能と はいえ、とてもパワフルな機能となる。これらの機能をサードパーティーがAPIを活用するだけですさまじいことが起きるだろう。
有益なリスト機能を作り続けるだけで、ブレイクする人も登場することになりそうだ。

ま た、リスト機能は、フォローすることなく、気になる人をリスト機能に表示することができる。またそのリストはパブリックにするかプライベートにすることも できる。これはツイッターの世界の中に、私だけの世界を同時に作ることができる機能だ。今後のツイッターはフォローしている人以外も自分のツイートが見ら れているという意識が必要となるだろう。


登場したばかりであるが、リスト機能の数というのも、フォローされている数同様に注目されている数となることがわかる。フォロー数よりもどれだけリストされているというリスト数の方が、ツイッターの中での人気をはかる指針となるのかもしれない。


「Twitter革命」 ソフトバンク新書 神田敏晶

2009年11月18日(火)より発売となります「twitter革命」が本日(10/26)より、Amazonで予約開始となりました。

twitterがもたらす社会への変化。

使い方とか活用術だけではない、本当のtwitterの持つ可能性を書かせていただきました。

激変していく、twitterと同時進行で執筆させていただきました。


      楽天ブックス

ただいま、著書をご購入いただいた方を、
2009年11月20日(金)東京・赤坂ソフトバンククリエイティブでのセミナーにご招待いたしております。

もちろん、書店でご購入いただいた方も対象となります。

【日時】2009年11月20日(金)19:00-21:00 
【場所】〒107−0052 東京都港区赤坂4-13-13 http://j.mp/4bDV8T
【内容】「twitter革命!出版記念セミナー」 講師:神田敏晶

【お申し込み方法】

下記にて参加お申し込みください。

先着でセミナーへご招待とさせていただきます

(※当日、必ず「twitter革命」の書籍をご持参ください。書籍が、入場券となります)。