Previous month:
2009年2 月
Next month:
2009年4 月

2009年3 月

Creative Vado HD  5つの魅力!

IMG_3700.JPG

最近のガジェットの中では、一番のお気に入りがこのCreativeのHDビデオカメラ Vado HD

http://jp.creative.com/products/feature.asp?category=833

直販サイトでしか販売されていないが、この手軽さといえば、一度使ってしまうと手放せなくなってしまった。

Vado HDに魅せられる理由は、5つある。

まずは、なんといってもこのサイズだ。

1.サイズ  iPhoneと比べてもかなり小さい。

小さいから、こんなことができてしまう!
http://vimeo.com/2137237
ラジコン飛行機に搭載ってすごい!

ExtremeFlightRC Extra 300 flight with wing mounted camera from Vado on Vimeo.
出っ張りなどが少なく、しかも、小さくて軽いので、いつでもポケットにいれておくのが億劫でない。
いつでもHDで動画が撮影できるという安心感は、心強い!

2.価格  8GB  19,800円
 HD品質で2時間の録画が可能。しかも8GBのメモリ!
 手ぶれがしない撮り方ならば、映像には大満足! しかし、音には大不満足!

3.ハイビジョン ただし720p (1280*720)
  HDMIケーブルも付属
 なんといってもこのサイズでHDというのがすごい。

3.しっぽのようなUSB
 そのまま、充電が可能
 ケーブルを探さなくてすむ。当然だが、ケーブルを紛失しない(笑)。 充電することを忘れなくてすむ。
 いつも充電されている。 バッテリーのメモリ効果は大丈夫か?

4.YouTubeダイレクト
 アップロードソフトが本体に内蔵。これは便利!
 PCとネット環境があれば、他人のPCからでも、VadoHDをつなぐだけでYouTubeにアップロード可能
 IDアカウントとパスワードも記憶してくれる。
 これは、世界を旅するバックパッカーでも、ネットカフェのUSBの口さえあればどこからでもアップロードできることになる。

5.デザイン
 サイズもいいのだが、ポケットにいれてそのままハンズフリーで撮影ということが可能となるデザインだ。

 

胸にぶらさげているPRESSバッジにVadoHDを忍ばせて録画すると、手をつかわずに撮影が可能となる。
また、ほとんどの人が気づかない。少し角度とかブレを調整するには技術が必要となるが…。

Download:
FLVMP43GP


しかし、盗撮はいけません!
電車などでの盗撮は犯罪で、北朝鮮の盗撮映像は、高く売れるというのも考えものですが…。

また、小さいので三脚がなくても、クリップライトの足でも十分に三脚がわりになったりする。

クリップになるだけでかなり利用の幅が広がる。
        




H.264圧縮のAVIファイルで作成されるので、Macでは一度、movなどに変換してから編集。 AVI→mov→iMovie→YouTubeは、面倒くさいので実用的ではない。 imovieの手ぶれ補正をかけてみた自転車走行ビデオ (左手で撮影)

Download:
FLVMP43GP

回転してみたmovie

 

Download:
FLVMP43GP
Download:
FLVMP43GP


VadoHDの機動力は、サブビデオカメラとして、かなり有力な取材ツールになりそうだ。 フルハイビジョン化と、防水機能。もしくは、防水系のハウジングを日本でも販売してほしい。 音の入力。手ブレ防止機能。ファイル保存形式をAVI以外の選択も この製品を見て、サンヨーが肥大化するXactiではなく、Xacti miniみたいなものを出してくれるのがうれしい。 VadoHDはいつでも持ち歩けるカンタンHDビデオというところが一番ユニークなのである。


Tim O'Reilly が次に考えている事 

"Web2.0"の提唱者、Tim O'Reilly の03/09/2009のプレゼンテーション

http://en.oreilly.com/et2009/public/schedule/detail/7689