Previous month:
2005年7 月
Next month:
2005年9 月

2005年8 月

【不祥事】朝日新聞「虚偽のメモ」 経過報告します]

Asahi002 【不祥事】朝日新聞「虚偽のメモ」 経過報告します
http://www.asahi.com/information/
に今回の朝日新聞の不祥事の掲載がある。
これだけの話題なので、せめて、http://www.asahi.com/ に掲載する必要はないのだろうか?

しかも、注目は「おわび」の章の文面だ。

「おわびするとともに〜削除します」。
たったの、それだけなんですか?

わざわざ、見出しに「おわび」と章立てしてそれだけでいいのだろうか?もっと、こんな時こそ多弁で謝罪する必要はないのだろうか?

「トラブル時の対応ほど、チャンスに変化することがある」のはビジネスの常識である。他の新聞やサイトのほうが詳しいのであれば、わざわざ、朝日のサイトに来る必要はないのではないだろうか?

反省するために、寡黙になる必要はないと思う。他に同じような記事の捏造体質があるのか?管理体制に問題がないのか?今回は、露呈しただけでなかったのか?

いろんな問いかけを社内に対して行う必要があるだろう。また、他紙も対岸の火事ではなく、二の舞にならない体質を自ら問うチャンスである。

社内調査部や、社外監査、コンプライアンス委員会など、新聞ジャーナリストとしての指標など、いろんな対策を練って、読者や業界内外での信頼回復と朝日ブランドを維持していく所存はないのだろうか?

社主は今回のことをどうお感じなのだろうか?

また、せっかくのWebサイトである。日時だけではなく、時間も明記してもらいたい。TVなどの報道と、それを受けての朝日の温度差を見比べたいので、ぜひ更新時間も掲載していただきたい。

新聞として、今回の捏造は致命的であるが、露呈しなかった過去の記事もぜひ、確認してみてほしい。

セグウェイで書類送検された男に電話一本でも取材を申し込んだ記者が朝日新聞には、いたのだろうか?

<em>おわび

 21日付朝刊2面の「郵政反対派 『第2新党』が浮上」と、22日付朝刊3面「追跡 政界流動『郵便局守れだけでは』」の記事の一部が、虚偽情報の報告に基づいて作成されていました。関係者、読者の皆様にご迷惑をおかけしたことをおわびするとともに、一連の記事で計5カ所、22日付朝刊は見出しも削除します。  削除するのは次の通りです。

 21日付朝刊の記事では、亀井静香・元自民党政調会長と田中康夫長野県知事の会談場所を「長野県内」とした部分。

 22日付朝刊の記事では、(1)亀井元政調会長と田中知事が会った場所を長野県とした部分(2)会談で田中知事が亀井氏に反論したとされた場面「田中氏はうなずかず、こう反論した。『亀井さんも、いろいろ大変かもしれないけど、郵便局を守れっていうだけでは選挙に負けますよ。サラリーマン増税反対とか、もっと言うことがあるでしょう』」(3)2人の会談を長野会談とした部分(4)田中知事が20日に「民主党だけでなくいろいろな政党に友人がいる」と周囲に漏らしていた――との4カ所です。
(2005/08/30)

</em>

続きを読む "【不祥事】朝日新聞「虚偽のメモ」 経過報告します]" »