Previous month:
2004年8 月
Next month:
2004年10 月

2004年9 月

IPv6マルチキャスト時代に思うこと

KNN神田です。ボクには、通信と放送の違いがだんだんわからなくなってきた。 かつて、通信と放送の大きな違いは、双方向と一方通行というカテゴリーにあったはずだ。また、通信には「上り」と「下り」という2つの線路があるが、放送は「下り」だけでよかった。

IPv6」が登場したことによって、IPアドレスが不足することは皆無となった。2の128乗個(340,282,366,920,938,463,463,374,607,431,768,211,456個)という無限大に近いほどのIPアドレスを振れることになるという。ありとあらゆる物にまでIPアドレスをつけて、IPプロトコルで通信できることになるのだ。文系のボクにはそこのところの詳しい構造はよくわからないが、とにかく便利ということだけは体感できる。

1993年、インターネットの黎明期にワシントンD.C.にある中華料理屋の2Fでカール・マルムッド氏が、世界で初めて1対多による「インターネット放送(厳密には通信であるが・・・)」を「M-bone」で開始した。M-boneとは1992年にXerox社のプロジェクトで、複数の決められたIPアドレスに対してマルチキャストを行う技術であるが、当時のIPv4では帯域を一気に占有してしまうため、決して効率のいい送信方法とはいえなかった。しかし、放送の免許を持たない事業者でもインターネットで放送に近いことを実現することができる当時の唯一の方法であった。この記事を読んだ時にボクは非常に感銘を受けた。その後カール・マルムッド氏は、「M-bone」のマルチキャストで、独自の視点で政治関連のコメントをインターネットというメディアで放送し、強固なネットワークを世界中に張り巡らせるに至った。閉鎖的な記者クラブに属す事なく…
http://www.uniadex.co.jp/nextalk/side/si2004_09.html

続きを読む "IPv6マルチキャスト時代に思うこと" »


トヨタの企業サイトは約1000億円の価値!?――民間の研究所が報告


04/09/28 のテーマ:
http://hotwired.goo.ne.jp/nwt/040928/
トヨタの企業サイトは約1000億円の価値!?――民間の研究所が報告

顧客満足度調査で有名な、JDパワー社なども、目にみえない
「満足度」というものを数値化することによってのビジネスですね。
彼らは独自のランキングで評価をしていますね。

ミシュランタイヤのガイドから派生した「ミシュラン」のレストラン
ガイドも独自の星によって評価しています。

続きを読む "トヨタの企業サイトは約1000億円の価値!?――民間の研究所が報告 " »