Information

KandaNewsNetwork,Inc. http://www.knn.com/
http://knn.typepad.com/about.html
代表取締役 神田敏晶(かんだとしあき)
mail: kanda@knn.com
Phone: 070-5589-3604
150-0041東京都渋谷区神南1-20-7川原ビル6F Dots#065
http://goo.gl/maps/wXB3

YouTube登録ページ
facebookページ
yahoo!ニュース
twitter   
Google+  
ミッション・ステートメント

続きを読む "Information" »

2014年8 月23日 (土曜日)

KNN新ブログは、スマホ対応となりました! 4knn.tv 301Redirect

スポンサーリンク

※typepad.comが、301Redirect(301転送)に非対応のため、meta tagで対応しようと思います。

meta http-equiv="refresh" content="0;URL=http://4knn.tv/" 

で0秒以内で、リダイレクト設定

KNNの新ブログはこちらの、

4knn.tv

へ移行中です。

4K+KNN で何かと思って取得していたドメインですが、4Kがあまり盛り上がらないので、そのままでした。


今までのサイト(knn.typepad.com)のアクセスがスマホが半数なのに、スマホ対応できていなかったのが、不憫でならなかったのが、スマホ対応できるWordPressになってPVやらアドセンスに期待がモテそうです(笑)


ただ、GoogleのSEOなどは、しばらくカオス時期なので、9月は移行月間で、正式スタートは10月からですね。

自前レンタルサーバなので、新サービスもいろいろとたちあげられそうです!

スポンサーリンク

2014年8 月19日 (火曜日)

救急車による搬送 2005年8月19日あれから9年か…

スポンサーリンク


意識不明で怪我をし、救急車で運ばれる

2005年08月19日(金)未明、東京都・渋谷区でKandaNewsNetwork,inc,代表の神田敏晶氏が、経営するIT BARの入居するエントランス部分で、ふと意識を失い下顎部を強打し、緊急病院に運び込まれた。


怪我の状況は、下顎を6針縫う裂傷と奥歯5本の欠損という全治1週間の怪我。神田氏によると「ふと意識がなくなり、立ちくらみを起こし、次の瞬間は床の大理石の血の海に顔をつっこんでいた」との事。「はじめて救急車に乗れたことが印象に残る」「たくさんの方にご心配をかけました。もう大丈夫です!」とコメントしている。

事故直後から、mixi日記でレポートされたことにより、事故の状況が、随時、知人には報告されていた。
「新たなSNSの利用方法として、自分の怪我や病気、体調を知人に知らせることができる可能性を大きく感じた」

 

当時のmixi日記より。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=32687963&owner_id=550

なんだか、まだ24時間経過していませんが、職場復帰しました! 
すっかり元気!…と言いたい所ですが、ちょっとガタが来たかも…、いや、そんなことない。 

あご6針奥歯2本でしたが、奥歯は3本欠けて、1本さよならで計4本の被害でした。 

ケータイ写真だけですみませんでした。 

詳細は、ちょっと奇妙なんですが、こんな感じです。 

いつものようにdotBARを閉めて、三々五々に珍しく食事もせずに帰路につくようになり、かづがTSUTAYAに行くというので、久しぶりにTSUTAYAも行きたいなあ…と思った瞬間、ちょっと立ちくらみがしたので、「ごめん、ちょっと立ちくらみがしたので、ここで休んでる」と言い残して入り口で座り込んでいました。 

「大丈夫ですか?」といわれて、いつものように「だ~いじょーぶ」と板東英二風に答えて、笑ったが最後、なんだか、ますます気分が悪くなりました。お酒はふだんと同じなので、酔っぱらっているわけでも酩酊しているわけでもないんですね。 

「このままではまずい」と判断して、立ち上がった瞬間、また立ちくらみが…次の瞬間まるでDVDの次のチャプターが押されたかのように、倒れているシーンからの再生です。 

顔は地面にキスをしており、生暖かい液体が…。まさか…の予感どおり鮮血にキスしているシーンから記憶が戻りました。 
どうなったか分からないまま、何か、自分の力とは思えない激しい力で顔から地面にたたきつけられています。 
口の中にはごりごりした石があります。 
なんと、歯のかけらではありませんか!!!げげ~! 

喧嘩とかではなく、何かもっと違う力です。どことなくどちらかというと「霊的」なパワーなんです。明日から大阪なので、大阪に行くなというサインでもないので、気にはしていないのですが、なにかの啓示のような気がしてなりません。 

実はボクは過去にこのような感じで倒れたことがあるのです。その時は人が居るときだったので、いきなり立ち上がったとたん、バタンと倒れ、10分くらい意識がなかったようで、お店の人も救急車をよぶかどうかというような状態だったことを思い出しました。この時も自分の意識がなかったのであまり重要に思っていませんでしたが、これで2回目ですね。くもまっかとか、の傾向かな? 

まず、現状に目をむけると、この血まみれをなんとかしようと思い、もうろうとしながら、BARにまで戻ろうと思いました。ここから、また記憶が途切れ、次のチャプターボタンです。 

気がついたら、目の前にびっくりした、かづがいました。また、「大丈夫大丈夫!」と言いながら、赤いベッドに寝転んだはずです。このあたりの記憶は本当に薄いです。 

ここで次のチャプター。救急車の中です。隊員にどのようにして運び出されたのでしょうか? 
救急車の中にいることを確認したら、妙に安心してまた、次のチャプターへ、 

今度は病院の中のようです。ここからは記憶がボクのものになって来ました。それから、緊急の外科医の先生に、6針ぬってもらいます。気になったのは、口の中の歯のかけら。 
先生に相談したら、うちの病院には歯科がないんで、明日ですねといわれ、とりあえず、意識が途切れているようなので、レントゲンを撮影して、今晩は状態を見させてくださいとベッドを用意されたとたん、またもや次のチャプターへ 

朝になりました。顔の激痛と、歯の痛み、あごは麻酔がきいているのか大丈夫です。消毒も終わり、脳の検査は、1週間後でいいということで抜糸の時に同時におこなうとのこと。頭痛なんかの様子もみておいてくださいと言われました。 

とりあえず、解放されて、東京プラタージュの取材!その後は歯医者さんという流れで現在にいたります。 

ああ、なんという半日の出来事! 

いまは、BARでお見舞いがてらのメンバーと談笑しています。 
もちろん、今日だけは、酒もタバコもやりません。 

明日は、大阪で編集会議の授業です!生徒のみなさん、よろしく! 
痛々しい、先生ですが…。 

 

 

スポンサーリンク

フォトアルバム

KandaNewsNetwork,Inc.CEO

Toshiaki Paul Kanda